2010年11月02日

80,000アクセス

1日あたりのアクセス数が往時の半分ぐらいになってきました。…って思ったら、先月は2回しか記事を投稿してませんでしたね。毎日お越し頂いている方には大変ご迷惑をかけております。

そんな怠慢ブログにも関わらず、昨日のうちにアクセス数累計80,000を越えたようです。申し訳ない気持ち半分、嬉しい気持ち半分という感じです。どうもありがとうございます。

海外駐在をしている間は給料を引き出せなかったこともあって、お金が貯まっていたはずなのですが。アレはどこへ行ってしまったのでしょう(苦笑)。どんどん生活が苦しくなってきています。

主人は毎日朝から晩まで働いてくれています。…駐在員の時も休みなく働いてましたが。私も仕事を増やして頑張っています。毎日ヒマを持て余していたアフリカでの生活が懐かしいです。最も、ブログ更新に精を出していたのは、帰国後サラリーマンの妻として余裕のある生活をしていた頃ですが。

発展途上国での生活を思い出すことが良い気分転換になっています。今は生活に追われている状態が続いてなかなか落ち着いてパソコンに向かえませんが(パソコンを所持してインターネット接続できているうちに?)、時間を見つけて記事を更新していきたいと思います。

今後もお付き合い頂ければ光栄です。
posted by サウンジャ at 23:23| 当ブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

人参グラッセ/CAROTTE GLACEES(レシピ)

日本のようにクオリティの高い(サイズが揃っていて新鮮で、どこを切っても赤くて芯が無い)人参を買うのは不可能ですが。発展途上国でも欠品しない、アフリカの熱帯でも一年中手に入る、非常に助かる食材が、人参でした。

ハズレだと、金時人参ぐらいの細さの西洋人参の、外側が赤い部分の過半数が茎みたいな緑色の芯が入っています。市場で買う時に良さげなのを外側から(ババ抜きみたいに)見極めて、『コレ希望で半キロ下さい』って言ってみたりするのですが、2割ぐらいハズしてました。指定しないよりはハズレを引きにくくなるようです。私の感覚では、ロス率20%です。

そんなこんなで必要な量より20%以上多めの量の人参を買っていました。根菜は日持ちしますし、常温保存も出来るので。大した物が売ってないとか体調不良で買出しに行けないとか、そんな時には人参の出番です。人参プラス何か別な食材とかいうメニューだと結局外出しなくちゃいけなくなるので、私は人参と調味料だけで出来るこの献立が好きでした。

子供の頃からバターと砂糖で味付けした料理(フランス語でグラッセですね)が好きでしたし、色も鮮やかだし、レシピ本を見なくても作り方が説明出来るというのも、物不足に悩んでいた駐在したての私には都合良かったです。簡単なレシピですが、良かったらご覧下さい。


【日本語版/にんじんグラッセの作り方】

1.切る

人参の皮をむいて適当な大きさに切る。

2.鍋に入れる

鍋(小さくても可)に、人参、バター少々、砂糖少々を入れ、ひたひたになる程度に水を入れる。混ぜる。

3.茹でて水気を飛ばす

水がなくなるまでゆでる。フタは使わない。


【フランス語版/CAROTTE GLASEES】

1.COUPER

Eplucher carottes, et les couper.

2.METTRE

Mettre carottes, un peu de beuirer une pincee de sucre, un peu de l'eau a la (petite) casserole.
Les melanger.

3.BOUILLIR

Cuire a feu vif avant qu'il ny a pas l'eau.
On n'a pas besoin de mettre le couvercle.
posted by サウンジャ at 18:05| 発展途上国アフリカ駐在でのレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。