2010年12月05日

湯豆腐/YU-DOFU(レシピ)

豆腐の素(ほんとうふ)と和風だしの素は、準備不足のまま入国してきた私のために、貴重な在庫を先輩マダムが分けて下さったものでした。貴重なのですが、使い勝手がわかっていて手元に絶対にある食材というのは新米駐在妻の私には重宝しており、やたら使っていました。

もちろん、和食の材料はアフリカでは超の付く貴重品のため、日本から届いた時に同量をお返ししたつもりです(だしの素は銘柄が違うので若干の誤差があったかも知れません)。発展途上国では、欲しい食材をいつ入手出来るのかわかりませんし(産地でないと供給が不安定)、日本から届いた食材に頼ることが多かったです。

日本製の和食材料が海外駐在生活では一番頼りになる…という法則にはまだ気付いていませんでしたが、料理本も届いてなくて、頭の中に入っているレシピもほとんどない中で、覚えていた数少ない献立の一つが、湯豆腐でした。豆腐を温めれば良かったんじゃないかな、という程度の記憶ですが。

温かくて油っぽくないおかずは、レシピ本が届いてからも役立ちました。よく水当たりらしきものになっていたので、豆腐ぐらいしか食べられない…って日が多かったからです。こんなにお世話になるなら本格的な湯豆腐の作り方ぐらい調べてきても良かったでしょうね。


【日本語版/湯豆腐】

1.豆腐が必要

豆腐をあらかじめ作っておく。

2.だし

だしを沸かす。500ccの水に対して、1杯の割合。しょうゆと酢も入れる。沸騰するまで強火にかける。

3.だしの中に豆腐

火を弱めて、大きく切った豆腐を入れて、煮る。

4.器にとる

豆腐が温まったら火を止め、汁ごと器に盛る。


【フランス語版/YU-DOFU】

1.TOFU

Preparer TOFU d'avance.

2.DASHI

Mettre une cuiller de DASHI et SHOYU et vinagre et l'eau 50Cl. a la marmit.
Cuire a feu vif jusqu'a ebollition.

3.TOFU dans DASHI

Baisser le gaz.
Couper TOFU comme ca(grandeur nature).
※立方体に切った実物大の豆腐の絵を描いていました
Bouilir TOFU dans DASHI.

4.remplir

Quand TOFU chauffer, fermer le gaz.
Puiser TOFU avec DASHI.
posted by サウンジャ at 23:35| 発展途上国アフリカ駐在でのレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

麦茶/MUGI-TRA(une sorte du the de Japon)(レシピ)

お茶については大きな誤解がありました。いかにも異国の文化を全く理解していない人がやりがちな失敗でしたが、『ほら、日本ならではのお茶、懐かしくて嬉しいでしょう?』と、いいことをしているつもりになって、常夏のアフリカなんかに持ってきて先輩駐在員の皆様にお渡ししたのです。日本人駐在員の皆様、大人ですから喜んだ顔はして下さいましたが。

契約社員の皆様には特に、『海外に派遣するに当たり、日本人として最低限必要に違いないこれらの物を支給すること』って感じのリストがあって、そこに漏れなく緑茶が付いてくるそうです。それが余って仕方ないらしく、何人かから強引に持って帰るようにと渡されたことがありました。

なぜ、緑茶がありがた迷惑なのか?理由は簡単。暑いからです。エアコンも使えない、停電続きの真夏に暑い緑茶を飲めというのは罰ゲームの一種ですか?他人様にはさんざん緑茶をお土産に渡してしまいましたが、自分用には大量の麦茶パックを持参していました。だって、常に夏なんでしょう?準備期間がちょうど夏だったので、百円ショップで大量に安く仕入れることが出来ました。

フランス語に『お茶』を意味する、『du the』って言葉は有りますが、紅茶も緑茶も同じ単語になってしまいます。私が飲みたいのは麦茶なのです。そういう訳で、特にコレは『ムギチャ』と言うのですよというアピールをしておくことにしました。ところが、フランス語には、『ちゃ・ちゅ・ちょ』の発音がありません。『ch』って各と、『シュ』になります。そのへんが、耳当たり良く美しい言語と言われる所以ではあるのですが。

そこで、現地の人が『tr』って書いてある語を聞いた時に『tr』とも(英語の)『ch』とも聞こえることを頼みに、私のルールでは、『tra』って書いたら『チャ』と読んでもらうことに決めました。ビールを飲めない私は、暑い日は麦茶を飲むに限ります。これを切らさないように、メイドさんに作りまくってもらいました。

【日本語版/麦茶】

1.湯を沸かす

やかん八分目に水を入れて、強火で沸騰させる。

2.ティーバッグを入れて煮立てる

火を弱めて湯が飛び出さないようにして、1パック入れる。2分間煮立させる。

3.20分放置

火を止めて20分間そのままにしておく。

4.パックを取り出す

パックを取り出す(まだ熱いのでフォークなどを使ってそっとすくうと良い)。耐熱ポットに注ぎ入れる。
※出し殻は油汚れを落とすのをラクにする。破れやすいが。


【フランス語版/MUGI-TRA】

1.FAIRE BOUILLER DE L'EAU

Faire chauffer de l'eau dans la bouilloire.

2.FAIRE BOUILLIR DU THE

Baisser le feu.
Mettre un sachet de MUGI-TRA a la bouilloire.
Cuire a petit feu 2minutes.

3.ATTENDRE 20 MINUTES

Eteindre le feu.
Laisser 20 minutes.

4.TIRER LE SACHET

Tirer le sachet de la bouilloire.
(Le puiser doucement avec une fourchette ou un filet parce que c'est encore chaud.)
Verser du MUGI-TRA dans une carafe a l'epreuve de la haute temperature.
※Le sachet simplifie laver une poele graisseuse, seulement ce sashet se deshire facilement.
posted by サウンジャ at 23:13| 発展途上国アフリカ駐在でのレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。