2011年04月09日

お詫び

お恥ずかしい話、返信していないメールやメッセージが何十通もあります。長い放置期間のもので一ヶ月ぐらいになります。『先入れ先出し』でチャッチャカ返していけば貯まらないのかも知れませんが。即答出来ない内容のものを後送りにしてしまい(要領が悪いのでしょう)、申し訳なく思っています。

『アフリカ原産の○○を探しているので送って下さい』っぽい短いメールの方が返信は早いです。お断りするだけですし(最近は海外駐在員の妻ではなく日本在住の主婦であることを主張し続けているのでこういうメール自体来ませんが)。長文、短文、全て受け取った物は読んでいます。書くのは遅いですが、時間をかけて返信する気でおりますので…怒らないで下さいね。

ほとんどの方が無力感のようなものにさいなまれて苦しんでいる頃だと思います。私もそうです。出来ることはわずかですが、長〜い愚痴、周囲にもっともっと苦しそうな方がおられると、聞かせることも出来ないでしょう。書くことでストレス解消につながるのでしょうから、今後も送り続けて頂くと、少しだけお役に立てたような気分になり、嬉しいです。停電中に貴重な充電を使って無理する必要は皆無ですが、それで気晴らしになるなら今後も続けて下さい(こちらからの返信は遅いですが)。

私に出来ることはささいなことだけなのはわかっています。ただ、得意分野(ある日突然、発展途上国転勤が決まっちゃってどうしよう!…の、経験者)に関しては、少数派ということもあり、そちらの周囲に居る方には出来ないアドバイスが出来るかも知れません。周囲に相談相手が居なくて苦しかった気持ちをよく覚えております。遠慮せずに気軽にメール下さいね。一ヶ月以内に返信するのが目標です…小さい器で申し訳ありません。
posted by サウンジャ at 07:11| 当ブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

買い貯め依存症

こちら首都圏では、だいたいの物が平常通り買えるようになりました。食パンも豆腐も牛乳もヨーグルトも納豆もトイレットペーパーも女性用品も。国産タバコは、『よっぽど重たい』(?)から売れ残っているとかいう銘柄しか置いてないらしいですけど。あと、『ビールが品切れ多くてすみません』って貼紙もしてありますが、品切れしていない銘柄はあります。お酒とタバコは買わないので、私にとっては有っても無くてもどっちでもいいです(ひとごとですみません…発泡酒とビールの違いも、銘柄見ただけでは判断出来ません)。

私にとって生活必需品でもない物が今なお入手困難なのは、工場が被災したのが原因みたいです。ちょっと前まで私にとっても必要だった物が入手困難だったのは、物流が止まっていたことも原因の一つだったそうですが。買占めも原因の一つだったそうです。私のように朝早くから通勤電車に乗り遅い時間に帰ってくる主婦にとって、地元の専業主婦の皆さんが日中一斉に買い占めに走られると、兼業主婦ならではの手抜き料理を作ろうにも材料の入手が難しくて、少し不快に感じたものです。

備え有れば憂い無しって言っていいのは有事の前に備えておいた人だけであって、有事の後から買い占めるのは反則です!…みたいなことを言う資格が私には無いと思います。昔のことを思い出すと、買い貯めに走った専業主婦の皆さんの気持ちも理解出来ますから。

ご主人ほどの稼ぎが無くてあまりお金を持っていない主婦の場合、お稽古に通ってストレス発散することもままなりません。独身の時みたいにファッション雑誌に載ってる服を買いまくることも出来ません。それで…百円ショップで大人買いとかでストレス発散してしまいません?大していい物は入ってないけど、買物かごが重たく感じるぐらいの買物をすると気分良くなったものです。発展途上国駐在中は生活必需品の供給がよく途絶えて、日本の百円ショップで買物しまくりたい!ってよく思ったものです(これは違う理由からですけど)。

初めての海外駐在、不安なことだらけでした。日本で当たり前に入手出来る生活必需品がアフリカに来ると売ってないことが多いと聞いて、駐在準備の一環として買物しまくることが必要でした。今、思えば、お店とか(或いはメーカーさんでもいいのかも)と交渉して箱で自宅に直送してもらうとか、そういう買い方をすれば早く片付いたのかも知れません。でも、自分でレジに持ち込んで車に積んで、『私は今しなくちゃいけないことを一生懸命やっている』っていう充足感を求めてしまいました。それはそれで満たされたし、元々買物することでストレス発散される習慣だったから、いいことも多かったものです。

生活必需品欠品中に海外駐在の準備をしなくちゃいけなかった奥様もおられたと思います。『お一人様2個まで』とか書かれているのに大人買いもままなりませんよね。『私は買占めてるんじゃないのよ』って顔をしながら別の店に行くとか別の日にまた来るとかしなくちゃいかなかったかも知れませんね。お疲れ様でした。

そもそも買占めてる人が居たから本当に買いまくらなくちゃいけない人まで肩身の狭い思いをすることになったのですが。不要不急の買物をしてしまいたい心理状態の人にオススメなのは、被災地支援につながる買物をすることでした。それで、震災の被害が甚大だった県の方から是非にと紹介するように言われていたサイトがありました。

http://www.youtube.com/watch?v=UY0FtSqrMBc
(↑クリックすると、いきなり動画が再生されるサイト)
モタモタしている間に、都内にある岩手県のアンテナショップではスグに売り切れてますとかいうニュースを見て、ますますモタモタしてしまいました。要は不要不急の買物するお金と時間があるなら、被災者支援につながるような使い方をして下さいってことだったんですが。

直接被災地支援している気分にならない買物でも、消費が増えることで経済が活発化します。迷惑にならない程度で、飲んだり食べたり大きな買物をしまくりたいものですよね。なんだか説教臭い口調になってしまいましたが。私は仕事をしているので、夕食の準備に必要な物が買えなかったけど仕事が忙しかったんだから仕方ないでしょ!って言い切れました。専業主婦の皆さんはそれが出来ないために自宅内欠品を許されず(節電で電車の本数が減ってるから通勤するご主人の機嫌が悪いはず)、日中は色んなスーパーを東奔西走されていたのだと思います。それはそれで、お疲れ様でした。
posted by サウンジャ at 22:42| 発展途上国アフリカ駐在の準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。