2011年03月14日

発展途上国での(無)計画停電

もし心配して下さっている方がおられるとしたら…と思い、ブログ更新します。3月11日の震災で帰宅難民となりましたが、私は無事です。混乱の続く被災地の皆様にお見舞い申し上げます。

今回東京の職場で感じた以上の揺れを阪神で経験したことがあり、命の危険は感じませんでした。アフリカで何度も(無)計画停電を経験しており、たかだか1日あたり3時間の停電を怖いとは思っておりません。※現在、首都圏は過去に経験したことの無い停電騒ぎでやや混乱しています。

ただ、交通機関が気まぐれ(悪意的にとらえてしまいます)にしか動いてくれないので、通勤に片道3時間以上かけています(駅も人で溢れていて、入場制限で順番待ちという状態です)。私の過去の体験談を踏まえた情報をどんどん発信したい気持ちはありますが、あまり時間が取れないのでご容赦下さい。

会社勤めを続けるということは、色んなことを辛抱するということです。今回のような非日常の惨事が起こると、そのたがが外れるようです。人間の弱い部分、汚い部分を見聞きしながら過ごしました。少しでも不安な気持ちをやわらげることが出来れば…と、落ち着いて温かい対応に徹することを心がけました。それが出来たのも、私にとっては初めての経験ではなかったからだと思います。

発展途上国では(無)計画停電は日常茶飯事でした。初心者のうちは、コロコロ変わる情報に振り回されて、くたびれたり怒ったりうろたえたりしていました。出来る限りの準備をしたら、あとは無計画に起こる停電に対応するだけになるはずです。

水満タンのペットボトルを丸ごと凍らせておいた物を冷凍庫から1個取り出し、停電になれば冷蔵室で特に冷やしておきたいもの(バターとか牛乳とか)を一箇所にまとめた所の上に置くとか。デリケートな家電の電源プラグを抜いておいて、通電した時に過大な電流が来て家電を傷めることを防ぐとか。首都圏の冬で3時間程度なら、冷蔵庫の扉を開けない限り影響は少ないとは思いますが。

説教臭いことを一つ書かせて頂くとすれば、夜間の停電の注意点についてでしょうか。ロウソクも懐中電灯も品薄で入手出来ていない方もおられるでしょう。とりあえず、足元が見えなくて転んで怪我することだけは防ぎたいもの。突然真っ暗になっても手が届く所に携帯電話など光る物を持っておくと、停電になるのが怖くなくなると思います。私は首からペンライトを提げておりますが。満月の晩だとカーテンを開けることで足元が照らされるかも知れませんね。…発想が熱帯っぽくてすみません。冬の停電時には室内でも厚着することで暖をとって下さい。
posted by サウンジャ at 22:59| 発展途上国アフリカ駐在から帰任後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。