2015年01月09日

撤退という英断を称えます

3度ほど新年のご挨拶を辞退させて頂いてまして、すみません。アフリカから離れていると書くことがなくなってしまったせいであり、私サウンジャは元気に過ごしております。

私がアフリカ駐在妻でなくなってから何年も経過し、だいぶ変わったこと、変わってないこと、それぞれ色々あると感じたので今回久しぶりに筆をとりました。


変わったこと、特に日本が、ですが。科学の進歩というか文明の利器というか…大げさな言葉を使わなければ、『色々便利になりました』。目を見張る進化はIT分野で、昔の高速接続と言われたインターネット回線は遅すぎて日本ではほとんど使われてないとか。

接続環境がそこまで良くなってない国又は地域にお住まいの海外駐在員、駐在妻のみなさまには、アクセスすることすら出来ないサイトやブログが増えたことでしょう。そのためにと完全テキスト形式のメールマガジンを発行してきたのですが、ネタ切れのため続けることが出来なくなってしまって申し訳ございません。

スカイプ、ライン等のサービスを利用して、お互いがオンラインの時には通話も無料(ネット環境により課金あり?)で出来る時代になりました。特に発展途上国ではご主人だけ長期滞在するケースがよくありますが、離れて暮らす家族間のコミュニケーションがとりやすくなりました。お金をかけてもこれが適わない所にお住まいの方もおられるでしょうけど、可能であれば家族との連絡は積極的にとれるように環境を整えることをお勧めします。


変わらないこと。やはり世界には日本よりかなり危険な場所はたくさんあります。私が過ごしたのは、『世界最貧国の一つ』(体感として、世界一貧しいとまでは思いません…知人に餓死しそうな人は居なかったので)と呼ばれる発展途上国で、周囲に命を落としたりトラウマになるような怖い目に遭ったりする方が何人もおられました。そこまでと呼ばれていない国でも、報道されている国、特に気にされてない国、色々あると思いますが、日本よりははるかに危険な国又は地域はたくさんあるようです。


帯同していく場所が危険かどうかとは無関係に、駐在妻に向いている人、向いていない人も変わらず存在することでしょう。

(1)海外生活によるストレスの少ない人…言葉の問題が大きな壁にならない、引越し先=アウェイでも平気、日本での習慣に固執する必要がない。
(2)帯同する妻に向いている人…転勤族の嫁という立場にネガティブイメージを持たない、サラリーマン社会になじめる、会社員がお嫁さんにしたがるタイプ。

矛盾することの多い二つの条件(サラリーマン社会ではヨメが語学力を発揮してご主人より前に出る…という絵は滅多に見かけません)を備えている人はそう多くないと思いますし、多くの駐在妻さんはどこか弱点を抱えながら悪戦苦闘しているのではないでしょうか。

大なり小なりストレスを抱えていると思いますが。私のようにつまらないこと(楽器を吹いたり、灯したロウソクから溶け出たロウを使っての別なロウソク作りを楽しんだり、一人チェスしたり…)に夢中になることを趣味と豪語してストレス解消する奥さんは少ないようですね。みなさんもうちょっとマシな趣味を持ってストレス解消しておられると思いますが。


帰任してから色んなメールを頂いて気付いたのですが。数少ない邦人仲間であるはずの駐在妻さん同士で意地悪することをもってストレス解消するタイプの奥さんもおられるそうです(怖いよ〜〜!)。距離を置けるような仲なら攻撃されない所まで逃げることも出来るでしょうけど、ご主人の上司の嫁から逃げるのはかなり難しいでしょう。インフラの不備等のイヤな思い出とセットで、ひょっとしたら一生恨まれるのかも知れません。今時はスカイプ等で海外とも連絡が取りやすいですし、他人を苛めるほど追い詰められる前に、そういう怖い奥さん方には帰国することをお勧めしたいです。そこで頑張らない方がいいです!

(自慢話を挟みます。先輩駐在妻さんみなさん優しくして下さり、人間関係の悩みゼロのアフリカ生活でした。ありがとうございます、ありがとうございます…)

実際は海外だけでなく、他人を苛める奥さんは日本国内にも居るはずです。『自分に落ち度がないのに自分は世界で一番不幸だ、だから世の中を呪ってやるし、自分より幸せな他人に意地悪する権利があるはずだ。』って思い込んでいる人は国内の方が多いでしょう。あと、そう思い込む傾向の少ない人の方が泣き言を控えるので、そういうタイプの人から、『この人は不幸な目に遭ったことないからこそ、意地悪してやるべきだ。』などと思われがちな気がします(ウラは取ってません)。うまくかわして下さい&他人を妬んで苛める側の人間には化けないで下さい…という役に立たない助言しか出来ず、すみません。

生命の危機とか、インフラ不調で暮らしづらい(イラッと来ますよね?)とか、ぶっちゃけ人間関係とか、自力ではどうしても改善できない問題に直面している駐在妻の皆様。その決断は大変だと思いますが、帰国されたら良いと思います。体験していないことだけに日本の人たちに理解されなくて、なんだか妬まれて意地悪されるとしても、私ほか多数の理解者が世界中に居ます。お役に立てないかも知れないけど、たまには役立つかも知れない味方です。


(c) .foto project
皆様の人生がより幸せになるようにお祈りしています。
posted by サウンジャ at 13:58| 発展途上国アフリカ駐在員と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。