2011年10月05日

ハラールが無かった

色々な海外駐在妻関連サイト様から当ブログにお越し頂きながら、3か月ほど放置されていると知って引き返されたことを申し訳なく思います。なんと言うか…アフリカから帰ってきて結構時間もたっているので更新意欲が低下しております。主人も私も生きて帰ってきたという意味ではハッピーエンドだったと思うのですが、見方によっては暗い結末のブログです(現在はあとがき段階)。最初〜2年以上は明るめに毎日更新してきたと思うので、暇つぶしをお探しの方は、最初から順番に読んで頂ければそれなりに目的達成できます。…それだけで終わると投げやりな感じなので、新規に記事を書きます。


その後、ご縁があって色んなムスリム(イスラム教徒)に出会いました。最近よく会う人たちは、私の感覚では、そんなに厳しくない宗派だなという印象です。私自身はエセ『敬虔な仏教徒』ですが、アフリカで出会ったムスリム女性は顔と手の先以外は無地(色は自由)の布で隠す人ばかりだったので、それに比べると、甘いように見えます。余計なお世話だけど、お祈りしなくちゃいけない時刻になってもしている気配がありません。

牛肉の名産地でお世話になったムスリムは、毎日何度もお祈りしていたし、国で留守番している奥様の写真は顔以外を真っ黒な布で覆っていて、もっと厳しい宗派のように見えます。出稼ぎにきたアフリカでは、幹部が日本人(=エセ敬虔な仏教徒)、従業員の大多数がクリスチャンという環境。イスラム教徒はマイナーな存在でした。

国籍や宗教に関わらず何か食べてもらわないと死んでしまいますから、宿舎の食堂で一緒にご飯を食べてきた仲間です。この出張中にご一緒した方はフランス語が堪能なので意思の疎通が出来ましたが、マイナーな存在のムスリムたちのほとんどが外国語が苦手。それでも同じ釜の飯を食ってきた仲間という意識は持っていました。だから、お世辞にも上手とは言えない私の差し入れ手料理も一緒に食べてもらったりしてきたのです。

豚肉は出したらダメよというお触れだけは意識しつつ、日本人が食べるようなものを出されて食べているうちに、覚えなくても良い味を覚えてしまったようです。彼には特別申し訳ないと思いつつ、この手の『事故』って容易に再発し得ないかと心配していました。それに対する回答を数年後に得ることになりました。

本来は、『ハラール』というイスラム教のお墨付きのものしかムスリムは食べてはならないのだそうです。もちろん、豚肉はハラールではありません。それ以外の肉にしても殺し方によっては食べてはいけないことになります。調理方法にも宗教的なルールがあるらしく、私のような雑食主義者が料理した物を食べてはいけなかったのでした。愛用のフライパン、豚肉を炒めるのに使っています。ごめんなさい…。

豚肉の混じった料理は出さない、勤務時間中であろうとお祈りすることは認める、ラマダーン中にご飯食べにおいでとか呼ばない。これで十分気を遣ってきたつもりでした。過去に豚肉を切ったであろう包丁で調理された料理をクリスチャンが給仕してきたのを、どんな気持ちで食べてきたのでしょう。マイナーな宗教と言われる海外に出稼ぎに来なくてはならない経済的事情があったのでしょうが、私はだいぶ理解が足りなかったなと思います。
posted by サウンジャ at 15:48| 発展途上国アフリカでの食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

いつの間にか90,000アクセス

前回の刑務所の話は書く予定だった記事の前フリだったのですが、本題に入ることなく1か月近く放置しておりました。刑務所の話は近いうちに(遅くとも年内に…)書こうと思っておりますので、今しばらくお待ち下さい。

かなり長い間放ったらかしのブログですが、ちょくちょくアクセスして頂き、ありがとうございます。皆様の善意が積り積もって90,000を超えるアクセス数になりました。厚く御礼申し上げます。

実は私、ここ最近、短期間に何度か引っ越しを繰り返しておりまして(演技じゃなくて本当に引っ越しマニアだったのかも?)、まだ落ち着いておりません。そのへんの話はアフリカに関係ないので、書くとしたら別なブログを立ち上げることになると思います。まだ落ち着いていないのでブログを新しく作っている場合じゃないんですけど。

少なくともダンボールマニアである私、現在進行中でダンボール箱のお世話になっております。初心者っぽい利用法ですが、タンス代わりに有効活用しております(当然、採番済み。あ、この番号と引っ越しノートを元にインボイス作るって話もまだ書いてなくてスミマセン!)。あと、日本が誇る国営放送NHK(発展途上国でも見られますよ♪)で放送された、引っ越しファンが出演する番組で勉強させて頂いたコツも活用しました。

まるちゃん という、引っ越し慣れしたマダムから教わったお話で、引っ越した先で無くてとても困る物の一つ、カーテンの問題。慌てて妥協した物を買うと後悔の元になりそうですし、突然には買わないのだそうです。それでどうするのかと言うと、外から丸見えのままでは落ち着いて寝てられないので、ダンボールを窓に貼り付けておく!と。

まさに今、我が家のカーテンはダンボールなのです。遮光さえ出来れば何でも良いのですが、私好みの、肉厚がジューシーそうな(…乾いてるけど)のを愛用中です。ステキなアイデアを有難うございました。その番組を録画して何度もしつこく再生し続けたお蔭で、私もベテランの技を身に付けることが出来ました。

日本国内で築年数の経過した物件の場合は当然和室でふすまとか建具を外して窓にたてかけるという技でも代用出来そうですが。西洋とか海外に引っ越した場合は押入れもなくて戸惑ってしまうかも。駐在妻のみなさんが世界のどこかでカーテンの無い家に引っ越してきて困った時、まるちゃんのダンボール活用術を思い出して下さいね。

今回は当ブログに、自分自身への宿題(刑務所の本題を書くことと、引っ越しノート〜ダンボール採番〜インボイスを作っていく話を書くこと)を備忘録的に書かせて頂きました。一年たっても当該記事を書いていない場合は、おそらく宿題があったことを忘れていると思われるため、メールで催促して下さいね(アクセス数と同様に他人頼み)。
posted by サウンジャ at 17:10| 当ブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

臭い麦飯の都市伝説

ここ最近、パソコンには向かわず人と会う生活が続いております。ブログ更新が滞っておりますが、パソコンを借りる機会が出来たので久々に書いてみます。

主人と一緒に人と会う時、私はほとんど話さずにウンウン頷くことが多いです。アフリカ駐在員をしてきたというお話には、『もっと詳しく!』って言って頂くことも多いのですが、たいてい私の知っているエピソードが出てくるので、得意気に話す主人の横で私は頷くばかりです。

発展途上国の刑務所の住み心地が悪いことは何となく聞いていました。それでウンウン頷いていたのですが、(私にとっての)新情報に、首の動きが止まってしまいました。日本では臭い麦飯とか呼ばれる、食事の話です。

駐在していた国には死刑制度がありませんでした。人を殺したらせめて無期懲役にでもなって欲しいものですが、そう言えば、地元の有名人を殺した犯人がすぐ出てきてましたね。どういう力が働いたのかは知りませんが、そういう例外は有ります。ただ、原則では、長い懲役刑になった人は長い期間刑務所に居ることになるはずです。

世界最貧国の一つと呼ばれ(もっと貧乏な国があるとは思うのですが)、国家予算は多くないはずです。どんどん増える犯罪者にご飯を出すとますます経済が苦しくなっていきます。正当に裁かれているかどうか怪しいものですが、殺人事件の多い国だなという実感はありました。

犯罪者を食べさせるのも大変だけど大っぴらに死刑に処すことも出来ないし、何とか数を減らしたいなーという思いがあるはずで、生存する受刑者の数を、食事の内容によってコントロールしているという噂があるとのことでした。

司法も行政もメチャクチャやってる国でした(だって発展途上国なんだもーん?)。それぐらいのことはやりかねないなぁと思い、どこからどう見ても無実の外国人を銃で脅して突然投獄してきたことを思い出し、ずいぶん私は恐ろしい環境に身を置いていたのだなぁと今更ながら気づいたものでした。

『私、刑務所で毒を盛られました!』って証人は居ないので、あくまでも、噂なんですけどね。
posted by サウンジャ at 11:03| 発展途上国アフリカ駐在での出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。